クレジットカードはメインとは別にもう一枚持っておくととても便利だと友人から言われたので検討してみたのですが、やはり歩いて行ける範囲のファミマがあったことやTポイントカードをよく使うということで、ファミマTカードを申し込みました。ポイント還元としては細かいお買い物で地味に溜まっていくというもので、この辺はメインのクレジットカードと使い分けることが出来るのも嬉しいですね。ファミマに関しては最大で4.0%の還元される日もあり、その日にはついつい多くまとめて買ってしまいます。年会費無料でもありTSUTAYAレンタルカードとしても利用できるので、お財布の中もスッキリするのがいいですし、今ではちょっとしたポイント還元で愛用しています。

デオデオのクレカについて

家電量販店のデオデオのクレカを持ってかなり経ちます。ネット通販も多くなったので、年会費が1000円程度かかるので、やめようやめようと思いつつ、やめていない現状です。それには利点がいくつかあるからです。いくつか種類がありますが、対象の家電を買ったら、5~10年間修理費がほとんどかからないことです。高い家電を買った場合、安心感には代えられません。たとえば他店の修理の保証は、内容の制限が大きすぎて何のための保証かと思うことがあるからです。デオデオカード会員になると、数ヶ月に一回くらいお得意様向けのDM届き、期間内に来店するともらえる粗品が結構使える物がよくあります。クーラーショッピングバッグ、非常用簡易電灯、時計、などなど、年間で合わせたら1000円は超えていると思うので、実質的に会費分は現物で戻ってきていると思います。ポイントがつく店はそれほど多くはないものの、我が家にとっては得していると思います。

クレジットカードは分割払いができるため、手持ちのお金が足りない時や好みの支払い回数で買い物をしたい時などに便利です。しかし、利用状況を把握し辛いイメージがあり、クレジットカードを利用し過ぎてしまうことが心配でした。ところが、クレジットカードの利用状況はインターネット上で確認できるとわかりました。利用状況をインターネット上で確認するためには、メールアドレスやパスワードなどの設定が必要です。ログインすると、クレジットカードを利用した日付や金額などを簡単に把握可能です。そのため、利用し過ぎてしまう心配はなくなったのでクレジットカードを作成しました。携帯電話を持っていれば場所を選ばずにインターネット上からクレジットカードの利用状況を知ることができるため、安心して利用中です。

私は買い物をする時は、必ずクレジットカードで支払いを済ませるようにしています。理由はポイントが付与されるからです。クレジットカードのポイントと言って馬鹿にする人もいるかもしれませんが、あれこそまさしかう塵も積もれば山となる、ですね。年間を通して使用し続ければ、商品券で一万円分くらいはすぐに貯まりますよ。もちろん私はこれを利用して、ちょいちょい小金を稼いでいます。小金を稼ぐと言うと語弊があるかもしれませんが、少なくとも現金で支払うよりは確実にお得感がありますよね。そしてこれを十年間続ければ、十万円分の差になって表れるるのですからこれは大きいでしょう。とにもかくにも、私は今日もポイントのためにクレジットカードで支払いをするのです。

クレジットカードを18歳の頃から長年愛用しています。クレジットカードを持ってみたいと感じた理由は、インターネットでの買い物や通販でのショッピングを便利に楽しめるようになろうと考えた点でしたが、いざカードを発行すると、現金で支払うのとは違って沢山ポイントを貯められる素晴らしい利点があることに気がついたり、一括払い以外にも分割払いやリボルビング払いなどが活用できて、毎月少額ずつ払える魅力があることを知りました。もちろん、ネットショッピングをしたり通販する時でも、玄関先であわただしくお金の受け渡しをしたりする代金引換をせず済んだり、コンビニや銀行までお金を払うために足を運ばなくても良い利点もあります。クレジットカードを使うと生活が便利になり、通販も大変手軽に使えるようになりますし、支払い方法も分割払い出来たりして有り難いです。また、現金払いと違ってポイントも少し貯まるので、節約にも一躍買っている存在です。

手放せない存在

数年前にクレカで貰えるポイントのことをネットで知ってから現金を使うことは殆どなくなるぐらいのポイント依存者(笑)です。ポイントの2重取り(カード会社からのポイントと買い物した店舗などからのポイントを両方貰うこと)なんて当たり前で出来れば3重取りを目指して買い物しているので、買い物が目的なのかポイントを取るのが目的なのか自分でもよくわからくなることもあったりなかったりな感じです。人に言わせると私ってすごくセコいらしいのですが一年間で10万円近くポイントで返ってってくるのに今更ポイントを無視して現金で買い物なんてできません。私の個人的な考えですが今の物の値段ってポイント還元が前提で値段がついているような気さえしているんです、だから現金より安く買い物ができて便利なカードは私の手放せない存在なのです。

クレジットカードを作るうえで重要にしたことをご紹介します。まず1つは「年会費が無料」かどうかです。次に「よく使うショップのお店のカード」かどうかです。そして「ポイント還元率」「nanacoにチャージしてポイントが付くか」です。年会費無料でもたくさんありますよね。その中でカード発行まで早い会社で本人確認も簡単な会社を選んでいます。私はネット通販をよく使うのでその会社が発行しているカードを選びます。そうするとその会社で買うとポイントが3~5っ倍になったりします。そしてnanacoをよく使うのでnanacoにチャージするとその分のポイントが付くカードと考えると結構絞られてきますよね。その中から口コミなどを見て最終的にどのカードにするか決めるという順序でクレジットカードを決めました。

僕はクレジットカードによって借金を背負い、個人再生に至った経験から、お金持ちでない限り、現金払いを強く勧めます。お金の前払いやチャージをしたり、面倒ではありますが、使い過ぎを防止することに繋がります。さらに自制が働くので、計画的に使うことが可能です。借金をしていた頃は頭で分かっていてもカードに頼るばかりで完全に悪循環に陥りました。そして遅かれ早かれ限界に達し、絶望的な気分になります。意外と忘れてしまっていたのが利息でこれが返済に苦しむ一番の問題でした。振り返るとお金を借りることを完全に甘く見ていた自分がいました。家のローンなど余程の大きな買い物でない限りは、お金を貯める習慣を身につけて、安易にお金を借りないことが、自分の身を守ることになると考えます。

早く作成するべきカード

私は高校3年生の頃に社会授業の一環で、クレジットカードをむやみやたらに利用して自己破産した話のビデオを見た時に「怖いな。作らなくていい。」と思い現金支払い派でした。でも友人が買い物の際にサッとカードを提示してるのを目の当たりにしてから、お金の自己管理さえしっかりしてキャッシングは利用しなければいいと思い作成しました。そんな時に使用している携帯電話会社ドコモからクレジットカードを勧められました。まず年会費は確か月に1500円程度かかりますが、携帯電話通話料がある月は無料です。なので、携帯電話通話料がかからない事はありえないので永久に無料です。これはとてもお得だと思います。また、私はクレジットカードは1枚しか所有せずに普段のスーパーの買い物、通販購入する化粧品、衣類等カード支払いが可能なものは極力使用しています。たまったポイントは携帯電話の機種変更に使用できるだけでなく、dマーケットというあらゆる商品を取り扱っているサイトでの買い物に利用できます。ポイントが無駄になる事は絶対ありません。

海外の通販サイトで買い物をしたかったのでクレジットカードを利用する事に決めました。ですが、私は現在、フリーターゆえにカードの申請が通らないかもしれない心配がありました。そこで申請が通りやすいと聞いた楽天のクレジットカードで申し込んだら私でもあっさり申請されました。そしてクレジットカードを利用して海外サイトでの通販やオークションで買い物ができるようになりました。高い買い物を現在で買えない場合は来月に支払いを伸ばせますし、楽天のクレジットカードは年会費は無料でクレジットカードを利用するたびにポイントが貯まりますので、私は溜まったポイントで楽天のサイトで母の日のプレゼントを買いました。クレジットカードは買い物をするにあたっていろいろと便利です。